より良い住宅を購入するため不動産の情報集め

売却の方法

不動産の売却をしてくれるサービス

不動産の売却をしてくれるサービスというのは、いくつかあります。一つは、不動産業者に直接買い取ってもらうことです。そうすることによって、問題なく売れます。問題なく、というのは、何かあっても査定した業者の責任なのです。これは意外と大事なことであるといえますから、覚えておくことです。しかし、不動産業者に売る、ということは相当安くなるのです。そのあたりは覚悟しておかないといけないのです。 もう一つは、不動産業者に仲介をしてもらうこです。仲介ですから、手数料は支払うことになりますが、それでも直接買うよりもよいです。 さらに一番高く売るのは、直接売買を個人的にすることであり、これには瑕疵責任が課せられますからやめたほうがよいです。

不動産鑑定士にも頼ってみよう

税金の専門家と言えば税理士です。ですが、土地の評価には関しては不動産鑑定士にも頼ってみましょう。 土地を相続した場合、その土地には相続税が課されます。その評価額が大きければ大きいほど、その負担は大きくなります。土地の評価の方法は相続税法に定められていますが、画一的な方法となっており、特殊な土地の評価には対応できないものとなっています。適正な評価ができず、税負担が重くなってしまうことがあるということです。しかし、不動産鑑定士に頼めばその心配はありません。不動産鑑定士は、不動産市場から導き出される適正な価格を評価額として出してくれるからです。 土地に対して相続税が課された場合には、税理士はもちろん、不動産鑑定士にも頼ってみることを考えてみて下さい。負担が大きく減るかもしれません。