より良い住宅を購入するため不動産の情報集め

家の間取り

パブリックゾーンとプライベートゾーン

住宅と言うのは、基本的にパブリックゾーンとプライベートゾーンに分かれています。新築一戸建てを建てるならば、それぞれの部屋をどんな大きさにして、どう配置するか考えなくてはいけません。それを考えることをゾーニングと言います。 こう言うことを考えるのは難しいと思う人も多いですが、思っているほど難しくはありません。新築一戸建てを建てたら、友人たちを大勢呼んでホームパーティーをしたいと考えるなら、パブリックゾーンを充実させることです。家で仕事をすることが多いなら、プライベートゾーンに入ってくる書斎を広くとることを考えましょう。 これ位のことを知っているだけでも、かなりゾーニングを考えることが簡単になります。

間取りを考えるのも重要ですが

新築一戸建ての間取りを考えると言うと、部屋の大きさや配置ばかりに頭がいきがちです。しかし、採光や換気や家族構成なども考えて間取りを決めなければいけません。とは言え、自分自身が納得できる間取りプランが出来上がり、それをもとに建てた新築一戸建ても、防犯性が低ければ意味がありません。 間取りを考えるのも重要ですが、最近は多くの人が防犯についてもしっかり計画するようになっています。トレンドと言ってもいいような状況です。 とくに、最近の新築一戸建てに多いのが、防犯カメラをつけることです。もちろん、防犯カメラをつければ、その分費用はかかります。しかし、費用をかけてでも住まいを守りたいと考える人が増えているのです。