より良い住宅を購入するため不動産の情報集め

住宅立地の違い

自宅を賃貸に出す方法

 自宅を賃貸住宅に出す際の注意点としては、どの程度のリフォームを行うかである。新築の場合には、賃貸に出す際には、リフォームを検討する必要はないが、何年も住み慣れた家の場合には、様々な不具合が発生し、それなりの水準にしておかねば、賃貸に出すことはできず、出したとしてもたいした家賃収入を得ることはできない。最も重要なのが水周りのチェックである。特に、シンク回りが重要である。賃貸住宅を借りたい人が見に来た際に、まずチェックするのがここである。次に、風呂場である。ここの不具合は、修理に出す場合、非常に金額がかさみ、また、店子が入居後、修理に時間がかかると、長く住んでいただけないなど様々な問題がある。次に、壁紙などの修繕である。コストを抑えるためには、自分で張り替えるなどの日曜大工で対応するのもよい。

住宅の立地に関する注意

 賃貸住宅の立地は重要である。特に、マンションなどの場合には、駅からの徒歩時間が重要である。一般的には、10分以内が良い。特に、単身者に貸す場合には、重要である。家族の場合には、それほど重要ではない。  戸建て住宅の場合には、そのほとんどが家族連れである。したがって、駅からの距離が近いほどよいが、必ずしもそうではなくともよい。むしろ、学校までの距離やスーパー、病院までの距離のほうが重要である。稼ぎ頭である旦那の意見は、比較的重視されない傾向があり、奥様の意見のほうが強く、世知辛い世の中である。  最近、高齢者に対して、賃貸を貸すことがはやっている。様々な、公的補助金などが募集されており、近年の高齢化に対応するために、国や地方自治体も積極的に活動しているようである。高齢者の場合には、やはり、医療機関が近くにあるほうがよいようである。一方、段差をなくすなど様々な改良が必要な場合があり、注意を要する。