支払う税金 | 住まいを選ぶ、ライフプランにあった家を見つける方法
より良い住宅を購入するため不動産の情報集め

支払う税金

固定資産税について知ろう

不動産に対しては様々な税金が課されます。その一つが固定資産税です。固定資産税は、その名前の通り、固定資産に対して課税される税金です。不動産と固定資産は同じものではないなのですが、不動産は固定資産税の一種であると考えてもらえれば分かりやすいと思います。 固定資産税は市町村が課税する税金で、1月1日時点にその固定資産を有する者に対して、毎年課されます。対して、取得の際に課税される税金は不動産所得税と言います。税率は1.4%です。その固定資産の種類によっては優遇制度があり、特に住宅や住宅用地といった不動産は軽減されやすくなっています。 納税は年4回に分けて納付することになります。原則は、4月、7月、12月、2月の4回ですが、一括での納付も認められています。

最近別荘の物件が不動産の中でも注目されています

別荘というとお金持ちが所有しているイメージが強いかもしれませんが、最近不動産の種類の中でも注目されている状況です。特に避暑地として有名な地域に別荘の物件がまとまっているので、夏を避暑地で過ごす機会が多い場合には別荘の物件を購入したほうがお得です。 不動産会社のサイトを閲覧すると、賃貸物件、アパートなどと一緒に別荘の物件が紹介されておりますので、気になる物件が見つかれば不動産会社のスタッフと詳しい話をして、購入の手続きを進めていくのが最適です。 現在全国各地で不動産の価格が下がっている傾向にあり、別荘の物件に関しても格安で購入出来る状況になっていますので、購入を希望しているのであれば価格が上がる前に行動を起こすのがベストです。